website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

2021年も色々あった新日本プロレス、2022年は50周年,更に加速する!!

内藤の不調、鷹木の大活躍! そして、ROPPONGI 3Kの解散

燃える闘魂アントニオ猪木が世界戦略を掲げて、創設したIWGPのベルト。

そのベルトがIWGP世界ヘビー級に生まれ変わり、賛否両論を呼ぶ。

初代IWGPの呪いがあったともさえ思われる、IWGP2冠を統一した飯伏幸太の度重なる欠場に、内藤哲也のG1CLIMAX31負傷欠場。

その混乱の中、これまでIWGPに関わりのなかったランペイジ・ドラゴン、鷹木信悟が大活躍し、東スポプロレス大賞MVPに輝く!

そして、その流れとは別にジュニアタッグチームで大活躍したROPPONGI3KのYOHとSHOがSHOの裏切りによって解散。

その後、SHOはEVILと結託し、ヒールターン。

一方のYOHは、違和感がある、感覚が戻らないとレスラーとは思えない弱弱しさを見せる。

しかし、それも令和時代の新しいレスラー像の一つとして提示したように見える。

その後、BOSJ28で復活し、準優勝するまでに復活(覇者は高橋ヒロム

そして、2022年は、新年から東京ドーム2連戦。

www.njpw.co.jp

そして、なんと1.8横浜アリーナNOAHと対抗戦が実現!と更にプロレスが面白くなる、世の中に普及すべく、少しでも貢献できたら、こんなに嬉しいことはありません。

【新日本】IWGP世界,4代目ヘビー,オスプレイベルト 統一するのは鷹木信悟しかいない!

新日本最高峰の王座が3つも乱立? 

新日本プロレスが世界統一を掲げて創立したINTERNATIONAL WRESTLING GRAND PRIX。

略してIWGPのヘビー級のベルトが現在、3つも乱立しています。

筆頭は、鷹木信悟が持つIWGP世界ヘビー級ベルト(公認)

二つ目が、ウィル・オスプレイが独自に制作したと思われるIWGP世界ヘビー級ベルト(非公認)

そして、3つ目が過酷なG1CLIMAXを制したオカダカズチカが、1.4東京ドームでの挑戦者権利証が入ったブリーフケースではなく、自身が最も愛着ある4代目IWGPヘビー級ベルトを引っ張り出してきます(新日本公認だがベルトとしての機能はない)

これは、正直、ややこしい上に非常に分かりにくい問題です。

プロレスラーが(実力が伴っての)自己主張稼業とはいえ、これはオスプレイもオカダも主張し過ぎの様な気がします。

それぞれのIWGPヘビー級ベルト

先ず、オスプレイに関してですが、タイトルマッチには勝ったものの、大怪我を負い、復帰時期は全治未定。

復帰時期が3カ月、あるいは半年と読めれば、新日サイドもベルトはく奪はしなかったかもしれませんが、分からないのにオスプレイに預けたままにしておくわけにはいかない。

オスプレイとしては、大して防衛もしてなかったジョン・モクスリー(当時)や、ジェイ・ホワイトが新日本管理のベルトを持ち続けていることに不満はあったと思われますが、自ら、キング・ピンとしての価値を下げているような気さえします。

次に、オカダカズチカに関しては、自らが挑戦者権利証制度を発案したのに、それを持たずに飯伏を待つためと、IWGPヘビーを持ち出しことに違和感が大分あります。

www.njpw.co.jp

レスラーに限らず、人はそれぞれの時期や環境で考え方が変わるのは至極当然な訳で、賛否両論(否が多め)の挑戦者権利証を発案者のオカダが撤廃すると言えばそうなるのではないでしょうか。

モノ言うレスラー、黙っていられない王者である鷹木信悟公式日記で見解を出してます。

鷹木信悟

(オカダのIWGPヘビー四代目ベルト持ち出しの件について)団体最高峰のベルトなんだから、やったもん勝ちで良い訳がない。

これはある意味、ベルトだけでなくプロレスに対する冒涜ともとれるよ。

俺なんか今年の春までに安易に「IWGP」の単語すら口にしてない。

理由?それだけ、ベルトに対して尊崇の念があるからさ。

世間からも舐められたくないし、所詮プロレスでしょ?なんて絶対に言われたくないからね。

プロレスラーがプロレスを落とすような行為をしてどうすんのかなって(抜粋)

出典引用:新日本プロレス公式サイト

鷹木信悟が勝って黙らせる

プロレスを日々、追っているファンであれば現在の状況も分かりますが、ニュースを一見する感じのライトなファンからすれば ”何だこれ?"って思ってしまうかもしれない。

なので、はっきりとどのベルトが一番なのか、誰が一番強いのかわからせる必要があります。

鷹木信悟はG1は取れませんでしたが、31回の開催でIWGP王者がG1王者になったのは、たったの2回です(武藤敬司佐々木健介)のでここで負けてしまったのは仕方なし。

鷹木自身、苦手なタイプと言っていますが、11.6大阪でザック・セイバーJrをキッチリと倒して次へ進むしかない。

その次は、来年の1.4&5、そして1.8でオカダカズチカとウィル・オスプレイを2タテしてIWGPヘビーのベルトはオンリーワン、俺の持つIWGP世界ヘビー級ベルトだけだと高らかに宣言するしかありません。

強者の二人に勝つこと、特に連敗しているオスプレイに勝利するのは至難の業ですが、ランペイジ・ドラゴン 鷹木信悟なら見せてくれるでしょう!

終わりに・・・

いつも「プロレスこそものの上手なれ」を読んでいただき誠にありがとうございます。

11月1日より、はてなブログPROからはてなブログに変わることで(予定)URLアドレスも変更となります。

それに伴い、投稿も不定期となる予定です。

よろしければ、姉妹ブログである「プロレス スピリット」も読んでいただけると励みになります。

hirosunfree.com

今後とも引き続き、プロレスが大好き過ぎるブログをよろしくお願い致します。

【SANADA】新日ファッションリーダー スタイルブック「GIFT」発売!

コールドスカル 1番、SANADAが好きです!

ロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポンは当然ですが(笑)新日本イチの伊達男、SANADAがスタイルブックを発売します。

昨年の神宮決戦、内藤哲也vsEVIL戦。

内藤の救援に入ってきた時のSANADAの私物のトゲトゲのイカした靴のインパクトが忘れられません(笑)

 

内容の全容はSANADAが公式日記で話してます。

コスチュームや私服、更には"ダウンタウンのガキ使"を思わせる100の質問等(笑)見どころ満載。

しかも、100の質問の中には、L.I.J メンバーも質問しているというのだから、気になるところです。

SANADAのスタイルブック「GIFT」 Check one two!

【NOAH】週プロ GHCジュニア王者 HAYATA 超貴重インタビュー! 怪奇派の理想はグレートムタ!

寡黙すぎる実力派及び怪奇派レスラーのHAYATA

現在GHCジュニアシングルV4達成中のスティンガー所属のHAYATA

ノアでは、基本喋りのプロレスをする選手はそんなにいませんが、金剛の首魁であり、激辛広告塔(笑)の拳王や、GHC王者の中嶋勝彦

ジュニア勢であれば、小峠篤や、元相方のYO-HEYなどべしゃり暮らしのレスラーもいるなか、小川良成の系譜を継ぐHAYATAは殆ど喋らなければ、挑発もしません。

よく言ってたのは、RATELS時代、YO-HEYと組んでた時、”同じや!"と相槌を打っていたことです(笑)

そんな、HAYATAが、週プロの3ページに渡って単独インタビューを受けている!

記者の質問に対する答えが短いので、とんでもない数の質問を受けてる印象があります(笑)

HAYATAの知られざるプロレス観や、自身が怪奇派としての理想像が、グレートムタにあるというのも興味深いです。

www.noah.co.jp

淡々と答えて、バックステージも寡黙な辺り、新日本プロレスのSANADAにも通じるところがあります。

勿論、二人とも超実力者であるし、GHCジュニアタッグの方は、コロコロと王者が入れ替わるのに、シングルの方は次期防衛戦(相手はNOSAWA論外)でV5達成となる辺りに強さと安定感が際立ってます。

次に話すのは4年後とか言っているので(笑)このインタビューはファンなら読んでおきたいところです!

 

【KENTA】YOSHI-HASHIの棒、棚橋のUSヘビー "横取りマスター"ベルト奪取なるか!?

再び人のベルトを強奪するKENTAイズム!

11.6大阪で棚橋弘至のIWGPUSヘビーに挑戦するKENTA。

タイトルマッチを盛り上げるのを含めて、棚橋から勝手にUSヘビーを奪い取ってしまう。

棚橋も一度は取り返すものの、10.26 後楽園で久々の真壁刀義とのタッグで出陣したにもかかわらず、反則裁定で再び、KENTAにベルトを奪われてしまう!(9分20秒)

KENTAはとにかく手癖がわるい(笑)

 

おそらく、KENTA劇場として今年一番の大ヒットとも言えるYOSHI-HASHIとの棒ちゃんストーリー。

この時も、棒ちゃんをえらく気にいって、YOSHI-HASHIから奪い取り、NEVER無差別6人タッグ挑戦時の一大ストーリーに仕立て上げました。

そして、今回は棚橋のUSヘビーでもありますが、KENTA、棚橋好き過ぎない?(笑)

何しろ、7月にシングルで闘ったばかりの二人です。

まぁ、正直、何故か今も米国に住んでるKENTAの方が ”USヘビー"に相応しい気もします。

11月6日は、王座戦やKOPW等、何と6試合も冠戦があるだけに、埋もれないようにとのKENTAの仕掛けでしょう。

果たして、二人のタイトルマッチは、メインのIWGP世界ヘビー級を凌ぐほどの話題と名勝負となるか要注目です。

【永田裕志】後楽園 観客動員アップ!"新日本プロレスの底力、こんなもんじゃない"

KENTA 棚橋弘至が好き過ぎる説

灼熱の秋・G1CLIMAX31から僅か、僅かの中2日置いての開幕。

A/Bブロック分けての開催だけに、休養も取れるのでしょうが、やはりレスラーは超人です。

試合カードもも菅林会長が宣言した通り、目に見えたように増えてファンにも、開店休業状態だった選手にとっても暴れ甲斐があります。

10.24 後楽園ホール 第4試合

永田裕志棚橋弘至対外道、KENTA

KENTAは、7.24 名古屋大会で棚橋に負けたばかりなのに、今度は棚橋のIWGPUSヘビーを強奪してのベルト挑戦を認めさせます。

試合は、久々のジャスティス・永田裕志が、KENTAにナガタロックⅡを決め、更に秋山準直伝のエクスプロイダーを放ち躍動します。

 

フィニッシュは、棚橋が外道に世界に通じるスリングブレイドのカウンターを決めて、テキサスクローバーホールドをタップアウト(10分14秒)

バックステージでは、永田裕志が話します。

永田裕志

・・・やっぱり新日本プロレス総動員で出場するので、お客様がかなり、いつもより入っていて、それがうれしかったですね。

新日本プロレスの底力、こんなもんじゃないですから。

これから、どんどん盛り上げていきたいと思います。以上!

出典引用:新日本プロレス公式サイト

こういった声が聴けると、すごくうれしくなりますし選手は更にモチベーションが上がり、ファンもより応援したくなります。

とはいえ、観客数は598人と、300人切っていたことも多いので増えてはいますが、永田が言うようにまだまだこんなものじゃない筈です。

永田を始めに、第三世代、そして真壁刀義と彼らの活躍も是非見たい、ゼアッ!

【アーロン・ヘナーレ】新日本再来日! 帝国再興へオーカーンが吠える!?

再びユナイテッド・エンパイアの勢力復興か?

10月24日からRoad to POWER STRUGGLEから開幕。

G1の激闘からたったの2日を置いてのシリーズ開始に、1大会辺りの試合数増加と、今年の残り2か月と、来年の1.4東京ドームへ向けて、新日本プロレスが全力疾走です。

そして、試合カードが発表され、多くの注目カードが存在する中、あの選手の久々過ぎる参戦が目を引きます。

www.njpw.co.jp

ウィル・オスプレイ率いるユナイテッド・エンパイア・4番目の男である、アーロン・ヘナーレが帰ってくる。

おそらく5月のレスリングどんたく以来の新日本参戦でしょう。

もう暴れたくて仕方がなかったでしょうから(笑)ヘナーレの戦いぶりに注目です。

初戦は、小島聡矢野通と、グレート・オーカーンと組んでの出陣です。

オーカーンとしても、ザ・ハチェットのジェフ・コブと二人で新日本で闘ってきましたが、ヘナーレ復活によりいよいよユナイテッド・エンパイアが勢いを増しそうです。

となれば、帝国のキング・ピン、ウィル・オスプレイの再来日が待たれます。

【新日本プロレス】SHO EVIL,裕二郎とNEVER無差別6人タッグに出陣!

11.6大阪は、全9試合の大ボリューム編成!

菅林会長の宣言通り、新日本プロレスの1大会辺りの試合数が劇的に増えてます。

後楽園ホールや地方大会は1~2試合、ビッグマッチに至っては3試合ぐらい増加しており、ほぼほぼ所属選手のフル稼働となり嬉しい限りです。

そして、ビッグマッチとなる11.6大阪大会は、タイトルマッチからKOPWや権利証マッチ等の冠が付くカードを6試合も含む全9試合のボリューム感!

www.njpw.co.jp

どのカードも注目度抜群ですが、ここは、ハウス・オブ・トーチャー入りし、好青年からヒールターンしたSHOが挑むNEVER無差別6人タッグです。

相手は、連続防衛中の記録を更新し続けており、この試合に勝利すると何と10度目の防衛を打ち立てることとなります。

しかし、H.O.Tとしても結成直後で拍を付け、勢いを加速するためにもここは是が非でも奪取したいところだし、with ディック東郷をふんだんに使ってくるでしょう。

なので、実質的に王者組は、3対4のハンディキャップマッチです。

それでも、NEVER王者の3人はG1では一度も優勝戦線に絡めなかっただけにここは2桁防衛を達成し存在感を見せつけたい。

記録か、勢いか?

YOSHI-HASHI,石井智宏,後藤洋央紀対SHO,高橋裕二郎,EVIL

久々に組まれたNEVER無差別級6人タッグ王座戦に要注目です!